I H 調理器の電磁波について2012/12/10

I H 調理器の人体に対する影響について

(1)I H クキングヒーターの電磁波の健康被害について
I H 電磁調理器について、種々いろんなことが言われ、書かれ、発表されています、
国内の有名メーカ(PA.MT,HT)からの、お答えは概ね、
「クッキングヒーターの電磁波の体への影響については、クッキ
ングヒーターに限らず全ての家電品は電流を流しますと電磁界ができ、
電磁波が発生します。
家電品の電磁波は厳しい国際基準に規制されており、家電品発売以来
電磁波での事故は一切ありません。
またクッキングヒーターは電磁加熱ということで電磁波が強いと思わ
れていますが、実際は少ない家電品のひとつです。
(詳細につきましては日本電機工業会のホームページを参照下さい。)」
とのことでした。
上記にあります、国際基準とは、
 低周波領域の電磁界の評価基準として、国際非電離放射防護委員会( ICNIRP )が
平成10年(1998年)に示したガイドラインが広く利用されているそうで。これが基準になっています。
これに基づいた測定結果が、研究機関から、それぞれ公表されています。
(研究機関:財団法人家電製品協会 日本ハウジングセンター 社団法人日本電気工業会(JEMA) 等 ) 

この 「ICNIRP」 設定の100%も安全率(50倍)が設定されており、
人体に影響のあった数値は100%×50=5000% になります。

機器との距離 IEC測定値  (IEC:国際電気標準会議 )
I H 炊飯器 (30cm) 3~12%
I H 調理器 (30cm) 3~5%
シェーバー ( 0cm) 3~22%
食器洗い乾燥機 (30cm) 1~3%
電気カーペット ( 0cm) 5~8%
電気こたつ ( 0cm) 5~10%
電気掃除機 (30cm) 1~3%
電気マーサージ器 ( 0cm) 22~38%
 (手持型)
電気毛布 ( 0cm) 5~7%
電子レンジ (30cm) 1~6%
ヘアードライヤー (10cm) 2~4%

100%を超えなければICNIRPのガイドラインに適合です。
(上記は日本電機工業会のホームページより抜粋)
※ I H 調理器 【30cm】 とあるのは、対象物からの距離が30cmでの測定で数値は2~5%です。

「ICNIRP」 の 100%は 60HZ関西で833ミリガウス、50HZ関東で1000ミリガウスに値し、
この値には安全率が掛けられており、実験で人体に僅かでも影響があった値は、その50倍の
1000ミリガウス×50倍=50,000ミリガウスです。

表の左、上から 2番目の I H 調理器 が今回の検討課題の器具です。概ね50ミリガウスで、
この表に載っていないテレビが 20ミリガウス、洗濯機が 30ミリガウスとなっております。
電子レンジの60ミリガウスなどと併せて比較、検討しますと、I H クキングヒーターが特別危険な
ものではなく。他の電化製品と同じく安全なものといえます。




(2)次にI H クキングヒーターの発ガン性についての検討


■国際がん研究機関(IARC) による発がん性分類
(国際がん研究機関(IARC)は世界保健機関(WHO)の下部機関です)

分類 分類事例
グループ1 :発がん性がある。 アスベスト、たばこ、アルコール飲料、ダイオキシン、太陽光 87種
グループ2A: おそらく発がん性がある。 ホルムアルデヒド、紫外線、クレオソート(木材の防腐剤) 63種
グループ2B 発がん性があるかもしれない。 コーヒー、漬物、わらび、ガゾリンエンジンの排気ガス、超低周波磁界 232種
グループ3 :発がん性を分類できない。 コレステロール、お茶、水銀、カフェイン、原油、サッカリン、超低周波電界、静磁界、静電界 496種
グループ4: おそらく発がん性はない。 カブロラクタム(ナイロンの原料) 1種


I H 電磁調理器は超低周波磁界に分類されておりますので コーヒー 漬物 わらび 
ガソリンエンジンの排気ガスの発ガン性があるかも知れない。と同レベル「グループ2B」になります。

         
             2009/08/15 佐藤建設 佐藤順次

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kame-sato.asablo.jp/blog/2012/12/10/6656450/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。