I H 調理器の電磁波について2012/12/10

I H 調理器の人体に対する影響について

(1)I H クキングヒーターの電磁波の健康被害について
I H 電磁調理器について、種々いろんなことが言われ、書かれ、発表されています、
国内の有名メーカ(PA.MT,HT)からの、お答えは概ね、
「クッキングヒーターの電磁波の体への影響については、クッキ
ングヒーターに限らず全ての家電品は電流を流しますと電磁界ができ、
電磁波が発生します。
家電品の電磁波は厳しい国際基準に規制されており、家電品発売以来
電磁波での事故は一切ありません。
またクッキングヒーターは電磁加熱ということで電磁波が強いと思わ
れていますが、実際は少ない家電品のひとつです。
(詳細につきましては日本電機工業会のホームページを参照下さい。)」
とのことでした。
上記にあります、国際基準とは、
 低周波領域の電磁界の評価基準として、国際非電離放射防護委員会( ICNIRP )が
平成10年(1998年)に示したガイドラインが広く利用されているそうで。これが基準になっています。
これに基づいた測定結果が、研究機関から、それぞれ公表されています。
(研究機関:財団法人家電製品協会 日本ハウジングセンター 社団法人日本電気工業会(JEMA) 等 ) 

この 「ICNIRP」 設定の100%も安全率(50倍)が設定されており、
人体に影響のあった数値は100%×50=5000% になります。

機器との距離 IEC測定値  (IEC:国際電気標準会議 )
I H 炊飯器 (30cm) 3~12%
I H 調理器 (30cm) 3~5%
シェーバー ( 0cm) 3~22%
食器洗い乾燥機 (30cm) 1~3%
電気カーペット ( 0cm) 5~8%
電気こたつ ( 0cm) 5~10%
電気掃除機 (30cm) 1~3%
電気マーサージ器 ( 0cm) 22~38%
 (手持型)
電気毛布 ( 0cm) 5~7%
電子レンジ (30cm) 1~6%
ヘアードライヤー (10cm) 2~4%

100%を超えなければICNIRPのガイドラインに適合です。
(上記は日本電機工業会のホームページより抜粋)
※ I H 調理器 【30cm】 とあるのは、対象物からの距離が30cmでの測定で数値は2~5%です。

「ICNIRP」 の 100%は 60HZ関西で833ミリガウス、50HZ関東で1000ミリガウスに値し、
この値には安全率が掛けられており、実験で人体に僅かでも影響があった値は、その50倍の
1000ミリガウス×50倍=50,000ミリガウスです。

表の左、上から 2番目の I H 調理器 が今回の検討課題の器具です。概ね50ミリガウスで、
この表に載っていないテレビが 20ミリガウス、洗濯機が 30ミリガウスとなっております。
電子レンジの60ミリガウスなどと併せて比較、検討しますと、I H クキングヒーターが特別危険な
ものではなく。他の電化製品と同じく安全なものといえます。




(2)次にI H クキングヒーターの発ガン性についての検討


■国際がん研究機関(IARC) による発がん性分類
(国際がん研究機関(IARC)は世界保健機関(WHO)の下部機関です)

分類 分類事例
グループ1 :発がん性がある。 アスベスト、たばこ、アルコール飲料、ダイオキシン、太陽光 87種
グループ2A: おそらく発がん性がある。 ホルムアルデヒド、紫外線、クレオソート(木材の防腐剤) 63種
グループ2B 発がん性があるかもしれない。 コーヒー、漬物、わらび、ガゾリンエンジンの排気ガス、超低周波磁界 232種
グループ3 :発がん性を分類できない。 コレステロール、お茶、水銀、カフェイン、原油、サッカリン、超低周波電界、静磁界、静電界 496種
グループ4: おそらく発がん性はない。 カブロラクタム(ナイロンの原料) 1種


I H 電磁調理器は超低周波磁界に分類されておりますので コーヒー 漬物 わらび 
ガソリンエンジンの排気ガスの発ガン性があるかも知れない。と同レベル「グループ2B」になります。

         
             2009/08/15 佐藤建設 佐藤順次

給湯器のお湯が 「サビ」 っぽかったのは?2012/12/11

エコ給湯器=水垢は時々掃除しましょう
給湯器のお湯が 「サビ」 っぽかったのは?

国内の有力メーカーでは、現在、貯湯タンクの材質は「高耐食性ステンレス鋼板」を使用しています。
ステンレス鋼は、含有するクロムが空気中で酸素と結合して表面に不動態皮膜を形成しており、
耐食性が高いといわれております。
ステンレス鋼は錆を防ぐための、メッキや塗装をしなくても済み、屋外や湿気のある場所、
化学薬品を扱う機械器具、厨房設備に用いられております。
平成元年頃からステンレスタンクを採用しているそうです。
それ以前はホーロー引きのタンクを使用していました、
温水器の長期間の使用によりホーロー部にピンホール(小さな穴) ができ、
タンク素材に錆が発生したと想定され、そのサビが流出したものと考えられます。
現状のステンレスタンクの実績が20年以上あり錆での苦情はないとのことです。

水垢は配管自動洗浄のものもあります。貯湯ユニット内の洗浄は取扱説明書通りだと年2~3回行ってください。
使用頻度が高くて、多くの方は貯湯ユニット内洗浄はやられてないようです。しかし問題は発生していません。
長い間留守にするとか、使用しない場合は、貯湯ユニット内洗浄を留守前にして下さい。
水垢は水道水に大きく影響を受けます。かなりの頻度でタンク内掃除をしていても、水垢がヘドロ状に溜まる
ことは、予想されます。注意書きの通り飲用には適さないでしょう。

エコ給湯器は、空気の熱でお湯を沸かしますので、家庭でエコ:CO2 排出削減に貢献できます。

2009/08/16 佐藤建設 佐藤順次