佐藤建設 佐藤社長のこと №112012/11/12

デコラ張り-稼動テーブル
佐藤建設 佐藤社長のこと

佐藤さんとの付き合いが始まったのは、昭和52年に、私の家を建ててもららった時からである。
その後阪神大震災後の生家の修理やリフォームで度々お世話になったが、その中で平成14年のダイニングキッチンのリフォームでは、私のリフォーム案を聞いて、図面化し、何回も確認しながら、すばらしいリフォームをしてくれた。多分佐藤さん自身も良く出来たと満足されただろうと思っている。その時特別仕様の取外し可能なテーブルを作ってもらったのであるが、最初テーブル上面にデコラ張りを希望していたところ、出来ないということで、木製のものを納入してもらった。
そしたら忘れた頃に、2年位経ってから、デコラの天板が出来たので交換させてもらうと云って、交換してくれた。工場では試作実験をくり返して、やっと完成したようで、その誠実さに全く驚き、ありがたかった。
佐藤さんの仕事ぶりは、経験のあることには、自信満々で、一方未経験のこと、不安のあるときには、はっきりと出来ないと云ってくれる、その時には無理に頼まないことにしている。
私は機械設計の出身なので、建築は素人だが、リフォームとか修理の際には、素人のアイデアで色々と提案をしてみる。その中で佐藤さんが納得してやってみようと思ってくれた時には、試作実験をして確認してから工事をしてくれる。
その点非常に信頼できるし、「住まい造りのプロ」だけのことはあると感心している。佐藤さんとは技術的なことは、電話、FAXだけでも、かなりのことまで打合せが出来る、そういう建築設計者であると思っている。
                        平成24年11月8日記
         明石市東朝霧丘   米井賢

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kame-sato.asablo.jp/blog/2012/11/12/6632070/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。